コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遣明使 ケンミンシ

大辞林 第三版の解説

けんみんし【遣明使】

室町幕府から明国に派遣された使節。正使の派遣は1401年から1547年まで続けられた。また、使節を乗せた船を遣明船といい、勘合貿易に従事したので、勘合船ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遣明使の関連キーワード明の時代(年表)室町時代(年表)カンバリク戊子入明記了庵桂悟桂庵玄樹月渚永乗天与清啓了菴桂悟唐船奉行秋月等観九淵竜賝室町幕府鹿苑日録策彦周良雪舟等楊勘合船正使宗設祖阿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android