コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スブキー Subkī

1件 の用語解説(スブキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スブキー【Subkī】

1327‐70
エジプトの著述家。学者の名門スブキー家に生まれる。父がシリアの大カーディーに任命されてダマスクスに移り住む。才能と環境に恵まれ,若くしてファトワー(法勧告)と教授の資格を取得,書記官(カーティブ),説教師,教授,カーディーなどを兼任する。イスラムによる国家改造思想の持主であったうえに,イブン・タイミーヤ一派の反感やライバルの嫉妬をうけた。ために一時,不遇におちいったこともある。主著に大人名辞典《シャーフィイー派列伝》と階級別職業別改革規範を示した《払災招福の書》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スブキーの関連キーワードエジプト暦出エジプト記ノモスエジプト鼠エジプト綿著述家エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone