スペイン狂詩曲

デジタル大辞泉プラスの解説

スペイン狂詩曲

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルの管弦楽曲(1907-08)。原題《Rapsodie espagnole》。2台のピアノのための作品を元にオーケストレーションが施された。

スペイン狂詩曲

スペインの作曲家イサーク・アルベニスのピアノとオーケストラのための管弦楽曲(1887)。原題《Rapsodia española》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

スペインきょうしきょく〔‐キヤウシキヨク〕【スペイン狂詩曲】

《原題、〈フランス〉Rapsodie espagnoleラベルの管弦楽曲。全4曲。1907年から1908年にかけて作曲。マラゲーニャハバネラなどの舞曲が採り入れられた作品。2台のピアノのための編曲版がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android