超感覚的知覚(読み)ちょうかんかくてきちかく(英語表記)extrasensory perception

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超感覚的知覚
ちょうかんかくてきちかく
extrasensory perception

略称 ESP。既知の感覚によらずに外的事物,事象に関する情報を得る認識作用のこと。超心理学の主要な研究対象の一つ。 ESPの可能性を探るための実験としては,星,四角,円,波形,十字の5種類の図形を描いた ESPカードの組を実験者が切って選ぶと,距離をへだてた被験者がその種類を言いあてるものが代表的。あるいは,カードを被験者に伏せて提示し,その図形を言いあてさせる実験もある。 (→超能力 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の超感覚的知覚の言及

【ESP】より

…超感覚的知覚extra sensory perceptionの略語。超心理学では透視テレパシー予知の三つをまとめていう。…

【透視】より

…俗にいう千里眼にあたる。超心理学ではESP(超感覚的知覚)といい,テレパシーと同質の現象とする。中国では,1979年以後,各地で超能力をもつ児童が多数発見された。…

※「超感覚的知覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超感覚的知覚の関連情報