スペックル干渉法(読み)スペックルかんしょうほう(英語表記)speckle interferometry

世界大百科事典 第2版の解説

スペックルかんしょうほう【スペックル干渉法 speckle interferometry】

口径Dの天体望遠鏡の空間分解能は波長λの光に対してλ/Dであり,例えば口径5mのヘール望遠鏡では可視光で0.02秒角の程度である。しかし,天体からの光が地球大気を通過する際には多数の乱流(直径10cm程度)による屈折を受け,たとえ点光源といえども1~10秒角のぼやけたになってしまい上記理論的分解能は得られない。しかるに1970年にフランスのラベリエA.Labeyrieは,望遠鏡による天体の直接像を0.01秒程度の短時間で記録することにより,激しく変動する乱流塊の効果はいわば凍結され,異なる乱流塊を通った天体からの光は,種々の位相で加え合わさる際の干渉効果によって斑点を生ずるが,これは,望遠鏡の理論的分解能で見た天体の像にほかならないことに着目し,これらの斑点の画像処理から理論的分解能で天体の空間情報が得られることを示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android