スボロフ(英語表記)Aleksandr Vasil’evich Suvorov

世界大百科事典 第2版の解説

スボロフ【Aleksandr Vasil’evich Suvorov】

1729か30‐1800
ロシアの将軍。陸軍大将を父として生まれ,七年戦争で初めて実戦に参加して以来,数々の武勲をたてた。1799年,対フランス戦争で北イタリア,スイスに遠征し,その功により大元帥,公爵に叙せられた。彼は兵士の教育,戦闘訓練,内務勤務について述べた《連隊要務令》,兵学理論を要約した《勝利の科学》を著し,近代兵学の確立に貢献し,部下からクトゥーゾフらの名将を輩出した。【米川 哲夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android