コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポット取引 スポットとりひきspot trading

1件 の用語解説(スポット取引の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポット取引
スポットとりひき
spot trading

おもに原油購入の際に3ヵ月あるいは6ヵ月以上の長期にわたる購入取引をターム取引というが,1回限りの荷渡しと3ヵ月程度の短期契約の形をとる取引形態をスポット取引 (当用買い) という。 1980年代なかばまでの市場取引は,石油輸出国機構 OPECの政府公式販売価格 GSPに基づくターム取引が市場の大半を占めていたが,原油価格の低落で市況が不安定化したためスポット取引が増加し,スポット取引価格が GSPに代って国際原油価格を決定づけるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポット取引の関連情報