コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラオシャ Sraosha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラオシャ
Sraosha

ゾロアスター教の大天使。アメシャ・スペンタと並ぶ存在だが,その一員とみなされることもある。名は「服従」を意味する。死者の魂の他界への「導者 (プシュコポンポス) 」の役をつとめ,またミトラおよびラシュナとともにその審判にもあたる。終末のときには,アフラ・マズダによって英雄ケレサースパを復活させるために派遣され,善と悪の最後の決戦のおりにはマズダを助けて悪の頭領アーリマンおよび悪竜アジ・ダハカと戦う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スラオシャの関連キーワードアエシュマ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android