コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラオシャ Sraosha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラオシャ
Sraosha

ゾロアスター教の大天使。アメシャ・スペンタと並ぶ存在だが,その一員とみなされることもある。名は「服従」を意味する。死者の魂の他界への「導者 (プシュコポンポス) 」の役をつとめ,またミトラおよびラシュナとともにその審判にもあたる。終末のときには,アフラ・マズダによって英雄ケレサースパを復活させるために派遣され,善と悪の最後の決戦のおりにはマズダを助けて悪の頭領アーリマンおよび悪竜アジ・ダハカと戦う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android