コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラオシャ スラオシャSraosha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラオシャ
Sraosha

ゾロアスター教の大天使。アメシャ・スペンタと並ぶ存在だが,その一員とみなされることもある。名は「服従」を意味する。死者の魂の他界への「導者 (プシュコポンポス) 」の役をつとめ,またミトラおよびラシュナとともにその審判にもあたる。終末のときには,アフラ・マズダによって英雄ケレサースパを復活させるために派遣され,善と悪の最後の決戦のおりにはマズダを助けて悪の頭領アーリマンおよび悪竜アジ・ダハカと戦う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone