コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラベイコフ Slaveikov, Pencho Petkov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラベイコフ
Slaveikov, Pencho Petkov

[生]1866.4.27. トリャブナ
[没]1912.5.28. イタリア,コモ
ブルガリアの作家。代表作は詩集『血まみれの歌』 Kǎrvava pesen (1911~12執筆,13刊) 。父のペトコ・ラチェフ・スラベイコフ Petko Rachev Slaveikov (1827~95) も詩人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スラベイコフ
すらべいこふ
Петко Рачов Славейков Petko Rachov Slaveykov
(1827―1895)

ブルガリアの詩人。早くからパイシイ・ヒレンダルスキの『スラブ・ブルガリア史』(1762)を読んで民族意識に目覚め、16歳で教師になったとき、ギリシア僧侶(そうりょ)排斥運動を行った。その後も文筆活動によって祖国解放運動に挺身(ていしん)し、最初に発表した『色とりどりの花束』(1852)で詩人としての名声を得る。多くの詩、民話、童話、論説のほか、新聞『嚢笛(ガイダ)』(1863~67)や女性誌『立葵(たちあおい)』(1871)などを発行して人々の啓蒙(けいもう)に努め、また、ブルガリアで最初の児童雑誌『みつばち』(1871)を出してブルガリア児童文学の基礎をつくった。青少年向き文化の各部門に「スラベイコフ大賞」が設けられている。[真木三三子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スラベイコフの関連キーワードゲオルギ カラスラボフブルガリア文学カラースラボフベリコタルノボブルガリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android