挺身(読み)ていしん

精選版 日本国語大辞典「挺身」の解説

てい‐しん【挺身】

〘名〙 を投げ出し、人に先んじて事にあたること。
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉撃敵「身自ら敵に当るに在り」 〔蘇軾‐留侯論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「挺身」の解説

てい‐しん【×挺身】

[名](スル)率先して身を投げ出し、困難な物事にあたること。「反戦運動に挺身する」
[類語]献身貢献尽力寄与ボランタリー自発的公共心公徳心犠牲犠牲的サービス献身的ささげる捨て石利他利他心志願慈善篤志有志殉ずるボランティア奉仕奉公裨益ひえき尽くす骨身を惜しまず粉骨砕身身をにする身を削る骨身を削る命をささげるケアアフターケア篤志家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「挺身」の解説

【挺身】ていしん

身を投げ出す。〔留侯論〕匹夫は辱(はづかし)めらるれば、劍を拔きて(た)ち、身を挺してふ。此れと爲すに足らざるなり。

字通「挺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android