コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スル海 スルかい Sulu Sea

2件 の用語解説(スル海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スル海
スルかい
Sulu Sea

太平洋の縁海の一つで,フィリピン諸島南西部とボルネオ島の間にある海域。東にミンダナオ海,南にセレベス海があり,ミンドロ海峡,バラバク海峡を通じて南シナ海につながっている。面積 26万 km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スル海
するかい
Sulu Sea

フィリピン南西部、北はミンドロ島パラワン島、南はミンダナオ島スル諸島、東はビサヤ諸島、西はボルネオ島北東部などで囲まれた海域。北緯5~10度にわたり、東西約680キロメートル、南北約550キロメートル、最深点は5580メートルに及ぶ。海域にはクヨ、カガヤン、カガヤン・デ・スルなどの諸小島があり、フィリピン最大の漁場として知られる。季節風を利用して沿岸の人々の往来が盛んであるが、かつては海賊活動の激しい海域として恐れられた。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スル海の関連キーワードバシー海峡フィリピン海フィリピン海溝ミンダナオ島環太平洋比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲南支那海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone