スレイマン1世のモスク(読み)スレイマンいっせいのモスク(英語表記)Süleymaniye Cami

世界大百科事典 第2版の解説

スレイマンいっせいのモスク【スレイマン1世のモスク Süleymaniye Cami】

イスタンブールにあるモスク。建築家シナンハギア・ソフィアをモデルとして1550‐57年に建立スレイマン1世の墓,マドラサ,施,給食,浴場,宿泊等の教育・福祉施設とともに,オスマン・トルコ特有の複合建築群キュッリエkülliye(イマーレトimāret)を構成している。高さ53mに及ぶ礼拝堂中央の大ドームとその周囲に架けられた小ドーム,半ドームが迫り上るように上昇感を誘い,さらに,これに呼応するかのように中庭四隅には,天を指す細くとがったミナレットが4基配置されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android