コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレイマン1世のモスク スレイマンいっせいのモスクSüleymaniye Cami

世界大百科事典 第2版の解説

スレイマンいっせいのモスク【スレイマン1世のモスク Süleymaniye Cami】

イスタンブールにあるモスク。建築家シナンハギア・ソフィアモデルとして1550‐57年に建立。スレイマン1世の墓,マドラサ,施療,給食,浴場,宿泊等の教育・福祉施設とともに,オスマントルコ特有の複合建築群キュッリエkülliye(イマーレトimāret)を構成している。高さ53mに及ぶ礼拝堂中央の大ドームとその周囲に架けられた小ドーム,半ドームが迫り上るように上昇感を誘い,さらに,これに呼応するかのように中庭の四隅には,天を指す細くとがったミナレットが4基配置されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報