スレジンヌイ山脈(読み)スレジンヌイさんみゃく(英語表記)Sredinnyi khrebet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スレジンヌイ山脈
スレジンヌイさんみゃく
Sredinnyi khrebet

ロシア東部,カムチャツカ地方にある山脈。カムチャツカ半島の脊梁山脈で,全長約 1200km。幅は最大 120km。基盤は結晶質の頁岩片麻岩に花崗岩が貫入,斜面は砂岩,頁岩,火山噴出物からなる。最高峰は中部のイチンスカヤソプカ火山(3621m)。下部斜面は森林で覆われ,上部斜面は高山草原ツンドラ地帯となっており,山頂部には氷河がある。スレジンヌイ山脈は「中央山脈」の意であるが,半島東部を並行して走る山脈があるため,これに対してザパドヌイ山脈(「西部山脈」の意)とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android