コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スロースタート すろーすたーと

1件 の用語解説(スロースタートの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スロースタート

TCPでコネクションを確立した後、データの送信量を徐々に増やすことで効率的に通信するための仕組み。ネットワーク上で通信を行なう際、トラフィックが少ないときは、たくさんのデータを送信したほうが効率がよい。逆に、ネットワークが混雑しデータの損失が起こるようになると通信が非効率的になる。一方、TCPの3ウェイハンドシェイクでコネクションを確立した際、送信するデータサイズを「ウィンドウサイズ」として取り決める。そこで、通信の開始時はウィンドウサイズを小さくすることで送信するデータを少なくする。その後、徐々にウィンドウサイズを大きくしてデータを大量に送ることで、ネットワークを効率的に利用するという仕組みだ。はじめはゆっくりで、倍々に送信量を増やしていくことから、スロースタートと呼ばれる

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スロースタートの関連キーワードエッジコネクターコネクションコネクタトランザクションBNCコネクターピンコネクター回線交換コネダイアルアップ・コネクションダイレクト・コネクション

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スロースタートの関連情報