コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スロースタート すろーすたーと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スロースタート

TCPでコネクションを確立した後、データの送信量を徐々に増やすことで効率的に通信するための仕組み。ネットワーク上で通信を行なう際、トラフィックが少ないときは、たくさんのデータを送信したほうが効率がよい。逆に、ネットワークが混雑しデータの損失が起こるようになると通信が非効率的になる。一方、TCPの3ウェイハンドシェイクでコネクションを確立した際、送信するデータサイズを「ウィンドウサイズ」として取り決める。そこで、通信の開始時はウィンドウサイズを小さくすることで送信するデータを少なくする。その後、徐々にウィンドウサイズを大きくしてデータを大量に送ることで、ネットワークを効率的に利用するという仕組みだ。はじめはゆっくりで、倍々に送信量を増やしていくことから、スロースタートと呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

スロースタートの関連キーワードF.ジャパン大西多摩恵レジギガス山本大助宮地雅子寺下貞信山中崇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スロースタートの関連情報