コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワンズコム人 スワンズコムじんSwanscombe man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワンズコム人
スワンズコムじん
Swanscombe man

イギリス南部,ケント県スワンズコムのテムズ川中位段丘で発見された頭骨。 1935年に A.マーストンによって後頭骨が発見され,のち2回にわたって両側頭骨が別々に発見された。脳容量は約 1300cm3と推定され,骨は厚いが頭は丸く高いなど,現生人類とよく似た特徴をもつ。一方,大後頭孔は狭く長く,また後頭骨の底部が広く,中硬膜動脈の分枝型は現生人類と異なっている。伴出した動物骨により第3間氷期に属するといわれ,前期旧石器時代アシュール文化の遺物を伴う。一般的ネアンデルタール人類に属するといわれるが,フォンテシュバードシュタインハイムの人骨とともに,プレサピエンスであるともいわれる。資料が十分でないため,人類進化上の位置を決めるのは困難である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スワンズコム人の関連キーワードフォンテシュバード人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android