後頭骨(読み)こうとうこつ(英語表記)occipital bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後頭骨
こうとうこつ
occipital bone

頭蓋の後部および底部にある無対性の骨。頭頂骨とは人字縫合で,側頭骨とは乳突縁でそれぞれ分離される。後部にあたる後頭鱗と底部および外側部から成り,後頭鱗と底部の間には大後頭孔という大きな穴があり,脊柱管の延長となる。その外側部には後頭顆があって,第1頸椎と関節を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐こつ【後頭骨】

頭蓋(とうがい)の後部および底部をなす骨。下部に大孔があって脊柱が通り、底部は逆凸状で頸椎(けいつい)の上に載る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうとう‐こつ【後頭骨】

〘名〙 頭蓋骨の後部を形成する骨で、脊髄のでる大孔を囲む上後頭骨、基底後頭骨、外後頭骨からなる。〔解剖辞書(1875)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後頭骨の言及

【頭骨】より

…軟骨頭蓋に由来する一次骨は脳腔の側面,底部および後部の付近に局在し,四つの領域に区分することができる。すなわち,眼窩(がんか)側頭部には4種6個の骨(哺乳類では合一して蝶形骨と篩骨(しこつ)の一部になる),耳の迷路部には5種,両側で10個の骨(哺乳類では岩骨になり,ヒトではこれが皮骨の鱗状骨と合して側頭骨になる),篩骨部には2種3個の骨(哺乳類では篩骨の大半になる),後頭部では脊髄の出口(大後頭孔)を取り囲む3種4個の骨(哺乳類では後頭骨になる)のほか,耳小骨が1種2個(哺乳類では3種6個),以上合計15種25個(哺乳類では7種11個)の軟骨性骨が分化する。軟骨魚類では脳は軟骨頭蓋で完全に覆われているのに対し,硬骨魚類以上では脳の天井,つまり頭頂部は前頭骨,頭頂骨,後頭頂骨など(哺乳類では3種5~6個)の皮骨に覆われる。…

※「後頭骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android