コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スークシュマ・シャリーラ スークシュマ・シャリーラ sūkśma-śarīra

1件 の用語解説(スークシュマ・シャリーラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スークシュマ・シャリーラ
スークシュマ・シャリーラ
sūkśma-śarīra

インド哲学用語。微細身と訳される。ウパニシャッドで,人の臨終時にはアートマン (我) が肉体を出て行くに従って,プラーナ (生気) および生活機能は去り,知識と業と過去の意識とがアートマンに付随するといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スークシュマ・シャリーラの関連キーワードインド哲学ウパニシャッド写実主義ドイッセンフュシス優婆尼沙土ベーダーンタ学派梵我一如印哲《哲学用語辞典》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone