コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーオキシドアニオン superoxide anion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパーオキシドアニオン
superoxide anion

O2-・ 。マイナス電子還元を受けた酸素が中性で解離すると生じる陰イオンをいう。反応性が強く,モノラジカルの状態となり,プロトンが結合すると,・O2H のような反応性の強いラジカルを形成する。放射線の直接作用の原因であり,キサンチン酸化酵素,NADPH (NADの還元型) -チトクロムC還元酵素の反応のほか,ミクロソーム水酸化酵素による薬物の水酸化の中間過程でも生じるといわれる。また,チトクロムCの還元,脂質の過酸化のほか,リボヌクレアーゼや DNAの酸化的破壊に関係するともいわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スーパーオキシドアニオンの関連キーワードスーパーオキシドディスムターゼハーバー呼吸バーストカタラーゼ陰イオン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android