スーパーブロック(英語表記)super block

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパーブロック
super block

都市計画用語で,大街区,集合街区,街区集団とも呼ぶ。既存の数街区をまとめて一つの街区として計画した住区や商業地区。人間の歩行圏を基本とし,通過交通を周辺街路で止めて地区内を独立させ,クル・ド・サック (行止り道路) や地下道,橋などで内部への車サービスを行うことにより,人の領域と車の領域を明確に分けている。そのほか,歩道のネットワークでいくつかの中心地区を結び,あるいはオープン・スペースを積極的に生み出し,組入れる方向をとる。この単位は,いままでの街区の面積を単に拡大したというものではなく,現代都市に課せられた複雑な機能に対処するため,質的そして規模の面から新たな単位として考案された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スーパーブロック(superblock)

大街区。従来のように家と家との間に細い道路がなく、幅広い道路で囲まれた大型の一ブロック(街区)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスーパーブロックの言及

【住宅地計画】より

… 以下はいずれもイギリスの例であるが,(1)都市生活における田園らしさを保ちながら,現代の都市らしさを強調した計画がある。多くの社会施設を軸状のセンターに集中化し,このセンターの周りに通常より大きい住居群規模をまとめた街区(スーパーブロック)を直結して,歩車分離方式により住宅から徒歩圏内で都市的なセンターと自然に恵まれたオープン・スペースとに出入りしやすくした都市がある(ロンドン南西のフック・ニュータウン,1961年に計画発表)。(2)また,良好な自然的・社会的・歴史的環境条件を達成し,都市における生活要求と社会関係の選択性を広げ,高水準のアメニティを達成し,都市の柔軟性と成長性をもたせた住宅地計画がめざされている。…

※「スーパーブロック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパーブロックの関連情報