コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スールヤバルマン[2世] Sūryavarman II

1件 の用語解説(スールヤバルマン[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スールヤバルマン[2世]【Sūryavarman II】

カンボジアのアンコール朝最盛期の王。在位1113‐50年以後。生没年不明。11世紀後半に登場した新王家マヒーダラプラの3代目にあたる。大叔父ダラニーンドラバルマン1世を退けて即位した。王はビシュヌ神を篤信していたので,諡号(しごう)をパラマビシュヌロカ(〈ビシュヌの崇高なる地へ向かった王〉の意)という。国内を統一し,東隣のチャンパを1145年から5年間占領し,3度ダイベト(大越。ベトナム)へ侵攻した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスールヤバルマン[2世]の言及

【アンコール朝】より

…以後,諸王がこの地に新王都,寺院などを次々に建設し(928‐944年,コーケーに一時遷都した),その都城址が現在のアンコール・トムである。ヤショーバルマン1世はラオス南部からコーチシナまで領域を広げ,11世紀のスールヤバルマン1世はメナム川流域まで伸張し,12世紀前半のスールヤバルマン2世は,西はメナム川上流域のスコータイ,南はマレー半島北部,東はチャンパまでを版図とした。国内の混乱から,1177年にチャンパ軍がアンコール王都を攻略,破壊したが,81年に即位したジャヤバルマン7世は国内の混乱を収拾してチャンパを併合するなど,インドシナ半島を席巻する大帝国を建設した。…

【真臘】より

…ヤショーバルマン1世(在位889‐910ころ)はアンコールに最初の王都ヤショーダラプラを造営し,以後真臘の諸王は近隣を征服してこの地に次々と都城,大寺院を建設し,発展隆盛をきわめた。スールヤバルマン2世(在位1113‐50ころ)はアンコール・ワットを建造し,インドシナ半島のほぼ全域を版図としたジャヤバルマン7世(在位1181‐1218ころ)は,今に残るアンコール・トムを建設し,その時代は真臘の最盛期であった。その後真臘は急速に衰退へ向かったが,1296年に真臘を訪問した中国人周達観は,その見聞録を《真臘風土記》として著した。…

※「スールヤバルマン[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone