ズルフィカル・アリ ブットー(英語表記)Zulfikār Alī Bhuttō

20世紀西洋人名事典の解説


1928.1.5 - 1979.4.4
パキスタンの政治家。
元・パキスタン大統領。
ラルカナ(シンド州)生まれ。
アメリカとイギリスで政治学や法学を学び、弁護士資格を取得、帰国後、弁護士を開業する。1958年アユーブ・ハーン軍事政権の商業相として政界に入り、’63年外相となる。その後、’67年パキスタン人民党を結成し、’70年総選挙で躍進し、’71年第3次インド・パキスタン戦争後、パキスタン大統領となる。’73年第3次共和国憲法の施行首相となるが、’77年以降反政府運動が激化、同年7月ジアー・ウル・ハックのクーデターで失脚し、政敵殺害の罪状で’79年処刑される。著書に「独立の神話」(’69年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android