ズールカンプ[会社](英語表記)Suhrkamp Verlag

世界大百科事典 第2版の解説

ズールカンプ[会社]【Suhrkamp Verlag】

1950年P.ズールカンプがフィッシャー社から分離独立する形でフランクフルトに創設したドイツの文芸出版社。歴史はそれほど古くないが現代文学関係では代表的な出版社の一つ。設立以来,H.ヘッセ,B.ブレヒト,T.アドルノ,E.ブロッホ,B.ショー,S.ベケット,M.プルースト,J.ジョイスなど内外の既成作家の作品や全集を出すかたわら,廉価なポケット判文芸叢書《エディツィオーン・ズールカンプ》や《ズールカンプ・タッシェンブーフ》を通じて中堅はもとより新人作家たちにも意欲的に発表の場を提供している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android