コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウアカネ(西洋茜)(読み)セイヨウアカネ(英語表記)madder

翻訳|madder

世界大百科事典 第2版の解説

セイヨウアカネ【セイヨウアカネ(西洋茜) madder】

根から赤色染料を採るために栽培されるアカネ科多年草原産地ヨーロッパから西アジアにかけての地域とされ,地中海沿岸で栽培されていた。つる性のは高さ50~80cm,よく枝分れし,短いとげがある。葉は広披針形で長さ3~5cm,茎に対生するが,それぞれに2枚の托葉がつくために6枚の葉が輪生しているように見える。夏から秋に,茎端や葉腋(ようえき)に花穂をつけ,淡黄色の小花が多数咲く。花は先端が5裂し直径5mmほど,おしべは5本である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセイヨウアカネ(西洋茜)の言及

【アカネ(茜)】より

…変異に富む種で,日本から東南アジア,ヒマラヤにかけて広く分布する。ヨーロッパ産のセイヨウアカネ(ムツバアカネ)R.tinctorum L.(英名common madder)は葉が6枚輪生し,根はアリザリンalizarinを含み,アカネと同じように,染色に用いられた。【福岡 誠行】
[染色]
 アカネの根に含まれる赤色色素を熱水で抽出して得る染色(そめいろ)を茜という。…

【アカネ(茜)】より

…【福岡 誠行】。。…

【アカネ(茜)】より

…変異に富む種で,日本から東南アジア,ヒマラヤにかけて広く分布する。ヨーロッパ産のセイヨウアカネ(ムツバアカネ)R.tinctorum L.(英名common madder)は葉が6枚輪生し,根はアリザリンalizarinを含み,アカネと同じように,染色に用いられた。【福岡 誠行】
[染色]
 アカネの根に含まれる赤色色素を熱水で抽出して得る染色(そめいろ)を茜という。…

※「セイヨウアカネ(西洋茜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android