コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリザリン alizarin

翻訳|alizarin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリザリン
alizarin

1,2-ジオキシアントラキノンのこと。古代から染料植物として知られていたセイヨウアカネの根から得られる赤色色素。 C.グレーベと C.リーベルマンによって天然色素としては最初に人工的に合成された (1868) 。現在はアントラセンから合成されている。融点 289~290℃。昇華性の赤色針状晶あるいは黄褐色粉末。水に溶けにくいが,アルカリに可溶。古くから媒染染料として用いられてきた。木綿はアルミニウム媒染により,いわゆるトルコ赤に染まる。絹や羊毛の染色にも利用され,媒染剤の違いにより異なった色に染まる。いずれも日光,洗濯に対する堅ろう度が大。金属酸化物と反応させると水に不溶で堅ろうなレーキを生じ,顔料としても利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アリザリン(alizarin)

アカネ・西洋アカネの根から得られ、古代から知られていた紅色色素。水には溶けず、アルコール・エーテルなどに溶ける。現在はアントラキノンから合成される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アリザリン

天然赤色染料(あかね)の色素成分。1,2−ジヒドロキシアントラキノン。茜は昔は藍(あい)と並ぶ重要な天然染料だったが,今はほとんど使われない。合成は1868年グレーベ,リーバーマンパーキンが初めて成功。
→関連項目カログレーベ染料工業リーバーマン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アリザリン

 C14H8O4 (mw240.20).セイヨウアカネの根に含まれる配糖体アグリコンで,赤色の色素.媒染染料として使われた化合物

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリザリン【alizarin】

1,2‐ジヒドロキシアントラキノンをいう。天然染料(あかね)の主成分で,1868年にK.グレーベ,K.T.リーバーマン,W.H.パーキンによって初めて人工的に合成された。かつては藍とともに重要な位置を占めていたが,現在ではほとんど使用されず,媒染系有機顔料としてマダーレーキ,およびアリザリンスルホン酸ナトリウムがpH指示薬,キレート滴定指示薬,吸着指示薬として少量使用されている。1,2位に2個のヒドロキシル基をもつため金属と錯塩をつくる性質を利用した,セルロース系繊維,羊毛などに染着する媒染染料である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アリザリン【alizarin】

セイヨウアカネの根に含まれる色素。古くから橙赤とうせき色染料として利用。1869年に合成法が確立されてから、アントラセンをスルホン化し、アルカリ融解することによって合成されている。代表的な媒染染料で、種々の金属塩とさまざまな不溶性色素をつくる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリザリン
ありざりん
alizarin

布を堅牢(けんろう)で美しいトルコ赤に染めることのできる、アカネの根から得られる色素の主成分。世界最古の天然染料の一つである。日本でも洋茜(ようあかね)として用いられてきたが、今日では他の合成染料によって置き換えられている。化学構造は1,2-ジヒドロキシアントラキノンで、アントラキノン-2-スルホン酸ナトリウムを空気下で水酸化ナトリウムと溶融して合成される。絵の具のマダーmadderは、アリザリンのアルミニウム錯塩(キレート)である。
 ドイツのH・カロ、K・グレーベ、K・T・リーベルマン、イギリスのW・H・パーキンらによるアリザリンの化学合成(1868)は、広大な領域となったアントラキノン合成化学の端緒となった。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアリザリンの言及

【アカネ(茜)】より

…変異に富む種で,日本から東南アジア,ヒマラヤにかけて広く分布する。ヨーロッパ産のセイヨウアカネ(ムツバアカネ)R.tinctorum L.(英名common madder)は葉が6枚輪生し,根はアリザリンalizarinを含み,アカネと同じように,染色に用いられた。【福岡 誠行】
[染色]
 アカネの根に含まれる赤色色素を熱水で抽出して得る染色(そめいろ)を茜という。…

【アカネ(茜)】より

…変異に富む種で,日本から東南アジア,ヒマラヤにかけて広く分布する。ヨーロッパ産のセイヨウアカネ(ムツバアカネ)R.tinctorum L.(英名common madder)は葉が6枚輪生し,根はアリザリンalizarinを含み,アカネと同じように,染色に用いられた。【福岡 誠行】
[染色]
 アカネの根に含まれる赤色色素を熱水で抽出して得る染色(そめいろ)を茜という。…

【グレーベ】より

…ドイツの化学者。染料アリザリン合成の成功により,天然染料から合成染料時代への橋わたしをした。フランクフルト・アム・マインに生まれる。…

【セイヨウアカネ(西洋茜)】より

…花は先端が5裂し直径5mmほど,おしべは5本である。根には配糖体の赤色色素アリザリンalizarinが存在する。深紅色で光沢があり,古来重要な染料であった。…

※「アリザリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アリザリンの関連キーワードリーベルマン(Karl Theodor Liebermann)カロ(Heinrich Caro)T.J.ルドルフ クニーチカール・J.P. グレーベハインリッヒ カロクリムゾン・レーキアントラキノン染料マダー・レーキピンク・マダーコールタールローズマダーカーマインスルホン化有機化学BASFヘキストロート油クニーチ硫酸化油ロビケ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android