コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セウェルス・アレクサンデル Marcus Aurelius Severus Alexander

1件 の用語解説(セウェルス・アレクサンデルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セウェルス・アレクサンデル【Marcus Aurelius Severus Alexander】

208ころ‐235
ローマ皇帝。在位222‐235年。シリアエメサに生まれ,従兄エラガバルス帝の養子となり,その死後帝位に就いた。母ユリア・ママエアJulia Mamaeaの後見を受けたが,元老院との協調,救貧対策,産業の振興に腐心し,賢帝の誉れが高かったと伝えられる。しかし,東部戦線におけるササン朝ペルシアの撃退(233)にもかかわらず,ガリアに侵入したゲルマン人に対して宥和政策をとったことから,軍隊の反感をかい,母とともに暗殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のセウェルス・アレクサンデルの言及

【ローマ】より

…次のマクリヌスの短い在位(217‐218)のあと即位したエラガバルス(在位218‐222)は,エメサの世襲的太陽神神官で,ローマに二つの太陽神神殿を建立した。次のセウェルス・アレクサンデル(在位222‐235)は元老院に接近し,つかのまの平和をもたらしたが,結局彼も兵士によって殺された。セプティミウス・セウェルスの妻ユリア・ドムナがエラガバルスの祖母ユリア・マエサの姉であり,セウェルス・アレクサンデルの母ユリア・ママエアはユリア・マエサの娘であった。…

※「セウェルス・アレクサンデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セウェルス・アレクサンデルの関連キーワードウェスパシアヌスジギスムントデキウスネロマリア・テレジアローマ法大全ウルバヌステオドシウスネルワアントニヌスピウス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone