コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東部戦線 とうぶせんせん

大辞林 第三版の解説

とうぶせんせん【東部戦線】

第一次世界大戦時、ドイツ・オーストリアとロシアとが戦った戦線。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東部戦線
とうぶせんせん
Ostfrontドイツ語

第一次世界大戦でドイツ軍およびオーストリア・ハンガリー軍と、ロシア軍とが対峙(たいじ)した戦線をいう。ドイツの作戦計画では、まず西部戦線に全力をあげ、フランスの打倒後、東部戦線に向かうはずであったから、1914年の開戦後は東プロイセンの防御に努めながら、オーストリア・ハンガリー軍の攻撃を支援することになっていた。だがロシア軍は東プロイセンに殺到し、オーストリア・ハンガリー軍はセルビア攻撃に力をそがれてロシア攻撃に至らず、ガリツィア(現ウクライナ北西部、ポーランド南東部)では敗退した。ドイツ軍は、東プロイセン軍司令官にヒンデンブルク、参謀長にルーデンドルフを起用し、14年8月末タンネンベルクの戦いでロシア軍を包囲殲滅(せんめつ)した。しかしこれは当初の計画の大幅な修正を意味する。
 翌1915年、ドイツ軍はロシア軍を撃退しつつ、リガからピンスクを経てチェルノフツィに至る線まで進出した。ブルシーロフ麾下(きか)のロシア軍は、16年6月チェルノフツィで戦史に残る反攻をなした(ブルシーロフ反攻)が、以後急速に崩壊した。17年3月(ロシア暦2月)および11月(同暦10月)にロシア革命が起こり、12月15日ドイツ軍は革命政府と休戦条約を締結した。ドイツの要求でただちに平和条約交渉が始まるが、トロツキーが「戦争でもなく平和でもない」として交渉を打ち切ると、ドイツ軍は全戦線にわたって攻撃を再開した。ソビエト政府は屈服し、18年3月3日ブレスト・リトフスクでドイツ側同盟国と平和条約を締結した。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東部戦線の関連キーワードパウルス(Friedrich von Paulus)フリートリヒ・フォン パウルスセウェルス・アレクサンデルミハエル トハチェフスキースターリングラードの戦いハインツ グデーリアンヘルムート シュミットトゥハチェフスキーレランチンの戦いファルケンハインルントシュテットマンシュタイン中国人民義勇軍ベルダンの戦いルーデンドルフ第3次印パ戦争ルーマニア日記クルスクの戦いマックレランテヘラン会談

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東部戦線の関連情報