東部戦線(読み)とうぶせんせん(英語表記)Ostfront ドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)「東部戦線」の解説

東部戦線
とうぶせんせん
Ostfront ドイツ語

第一次世界大戦でドイツ軍およびオーストリア・ハンガリー軍と、ロシア軍とが対峙(たいじ)した戦線をいう。ドイツの作戦計画では、まず西部戦線に全力をあげ、フランスの打倒後、東部戦線に向かうはずであったから、1914年の開戦後は東プロイセンの防御に努めながら、オーストリア・ハンガリー軍の攻撃を支援することになっていた。だがロシア軍は東プロイセンに殺到し、オーストリア・ハンガリー軍はセルビア攻撃に力をそがれてロシア攻撃に至らず、ガリツィア(現ウクライナ北西部、ポーランド南東部)では敗退した。ドイツ軍は、東プロイセン軍司令官にヒンデンブルク、参謀長にルーデンドルフを起用し、14年8月末タンネンベルク戦いでロシア軍を包囲殲滅(せんめつ)した。しかしこれは当初の計画の大幅な修正を意味する。

 翌1915年、ドイツ軍はロシア軍を撃退しつつ、リガからピンスクを経てチェルノフツィに至る線まで進出した。ブルシーロフ麾下(きか)のロシア軍は、16年6月チェルノフツィで戦史に残る反攻をなした(ブルシーロフ反攻)が、以後急速に崩壊した。17年3月(ロシア暦2月)および11月(同暦10月)にロシア革命が起こり、12月15日ドイツ軍は革命政府と休戦条約を締結した。ドイツの要求でただちに平和条約交渉が始まるが、トロツキーが「戦争でもなく平和でもない」として交渉を打ち切ると、ドイツ軍は全戦線にわたって攻撃を再開した。ソビエト政府は屈服し、18年3月3日ブレスト・リトフスクでドイツ側同盟国と平和条約を締結した。

[吉田輝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「東部戦線」の解説

とうぶ‐せんせん【東部戦線】

第一次世界大戦中、ドイツ・オーストリア同盟軍とロシア軍が相対した戦線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「東部戦線」の解説

東部戦線
とうぶせんせん
East Front

第一次世界大戦の際,ドイツ・オーストリアとロシアが戦った戦線
1914年8月,ドイツはタンネンベルクの戦いでロシア軍を包囲殲滅したのち,15年8月ポーランドの首都ワルシャワを占領,同年11月末にはロシア領に侵入した。以後1917年の休戦まで,戦線は膠着 (こうちやく) 状態となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android