セグメント鏡(読み)セグメントキョウ

デジタル大辞泉の解説

セグメント‐きょう〔‐キヤウ〕【セグメント鏡】

複合鏡を採用する大型望遠鏡における、個々の小型の反射鏡。ケック望遠鏡VLT、2020年代の稼働を目指しているTMTなどで採用される。大口径の一枚鏡のすばる望遠鏡と異なり、製作が比較的容易なセグメント鏡を多数並べることで、実質的な集光力分解能の向上を図る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android