コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスキテルペン

世界大百科事典内のセスキテルペンの言及

【テルペン】より

… n=2にあたる炭化水素C10H16はモノテルペンmonoterpeneと呼ばれ,精油の主成分はこのモノテルペンおよびその含水素誘導体であるため,狭義のテルペンといえばモノテルペンをさす。天然にはnが3以上のテルペンも知られており,n=3をセスキテルペンsesquiterpene,n=4をジテルペンditerpene,n=5をセスタテルペンsesterterpene,n=6をトリテルペンtriterpeneなどと呼ぶ。n≧8の場合をポリテルペンpolyterpeneと呼ぶことがあり,またイソプレン自身はn=1のヘミテルペンhemiterpeneに属すると考えられる。…

※「セスキテルペン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

セスキテルペンの関連キーワードバートン(Derek Harold Richard Barton)D.ハロルド・リチャード バートンカノコソウ(鹿子草)ハッカ油(薄荷油)フィーバーフューイポメアマロンシトロネラールセダーウッド油ファルネソール幼若ホルモンサンタロールジンギベレンアブシシン酸ビャクダンテルペンカダレン石油植物バートンハマスゲ資源植物

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android