コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セダンの戦 セダンのたたかい

百科事典マイペディアの解説

セダンの戦【セダンのたたかい】

普仏戦争の勝敗を決した戦い。1870年9月フランス北部のスダンSedan(セダンとも)で戦われ,フランス皇帝ナポレオン3世は捕虜となり,10万の兵士とともに降伏,第二帝政は崩壊した。
→関連項目マクマオン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のセダンの戦の言及

【普仏戦争】より

…1870年7月14日,フランスの開戦決定をもって両国間に戦端が開かれた。南ドイツ諸邦軍をふくむプロイセン・ドイツ軍は連戦連勝し,9月2日ナポレオン3世をフランス北東セダンSedanの地に包囲・降伏させた(セダンの戦)。フランスには共和政権が樹立され,対独抵抗戦が続けられたが,71年1月28日パリを開城するに至り,5月講和条約が結ばれた。…

※「セダンの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セダンの戦の関連キーワード普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争グロージェンキンス