セッションズ(読み)Sessions, Roger

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セッションズ
せっしょんず
Roger Huntington Sessions
(1896―1985)

アメリカの作曲家。ハーバード大学、エール大学で学んだのち、ブロッホに師事。1926~32年奨学生としてヨーロッパに留学。その間コープランドと協力して現代音楽普及のための音楽会をニューヨークで開催。帰国後、プリンストン大学その他で教鞭(きょうべん)をとり、アメリカ音楽の発展に多大な影響を与えた。十二音技法による作品を発表しているが、新古典主義の影響が認められる。管弦楽曲、室内楽が有名。[寺田由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セッションズの関連情報