コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セナツス・コンスルツム senatus consultum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セナツス・コンスルツム
senatus consultum

古代ローマの元老院議決。共和政期には,政務官に対する指示,助言として,法的強制力はもたないものとされたが,事実上は拘束力をもった。帝政期,おそらくハドリアヌス帝 (在位 117~138) 以後は法的強制力を有するにいたった。議決は会議のあと,主宰政務官,提案者,証人出席のもとで文書とされ,参加役人名,日付,会議場,報告,元老院承認の記号 (C=censer) などが付記され,アエラリウムに保管,分類された。各議決はその年の執政官 (コンスル ) や,提案した皇帝,議決内容をとって呼ばれる。たとえば,sc Claudianum,sc Macedonianum。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android