コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セネカとパウロの往復書簡 セネカとパウロのおうふくしょかんCorrespondence between Seneca and Paul

世界大百科事典 第2版の解説

セネカとパウロのおうふくしょかん【セネカとパウロの往復書簡 Correspondence between Seneca and Paul】

新約外典に含まれる書簡。390年ころ成立し,ラテン語で書かれている。全14通のうち8通はセネカにより,6通はパウロによって記されているが,最後の2通は後代の付加であると考えられる。これらの手紙の主要関心はキリスト教によりもむしろ修辞学にあり,パウロの文体が洗練されるべきことが述べられる。古代においてはその真正性が疑われることはなかったが,今日ではこれを疑う者が多い。【川村 輝典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セネカとパウロの往復書簡の関連キーワード修道院紫外線写真ネット広告アウストラロピテクス・アナメンシスアファレンシスバーレルガザリアフリカヌスガルヒ放送権料法定選挙費用

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android