コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セノネス人 セノネスじんSenones

1件 の用語解説(セノネス人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セノネス人
セノネスじん
Senones

古代ローマ時代,フランスイタリアに定着したケルト人。2派あり,一派は現在のフランスのセーヌエマルヌ県ヨンヌ県ロアレ県のあたりに定着し,前 53~51年にユリウスカエサルに抗戦。敗れて領土は属州ガリアに編入された。他の一派はアルプスを越えてイタリアに進出し,ウンブリア人を追払ってリミニとアンコナ間に定着。前 391年にエトルリアを侵略,一時ローマを占領したといわれるが,前 283年に敗退し,イタリアから追放されて領土はローマの植民地やローマ市民の私有地となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone