コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セビアン グローバー Savion Glover

現代外国人名録2012の解説

セビアン グローバー
Savion Glover


国籍
米国

専門
振付師;タップダンサー

生年月日
1973

出生地
米国 ニュージャージー州ニューアーク

経歴
小さい頃にタップダンスを始める。1984年ブロードウェイのショー「タップ・ダンス・キッド」の主役でデビュー。その後、グレゴリー・ハインズと共演した「ブラック・アンド・ブルー」、「ジェリーズ・ラスト・ジャム」に出演。’88年「タップ」で映画デビュー、注目を集める。17歳のときブロードウェイのショーの振付師としてデビュー、高い評価を受ける。’96年ブロードウェイの大ヒット・ミュージカル「ブリンギン・ダ・ノイズ ブリンギン・ダ・ファンク(ノイズ&ファンク)」でトニー賞振付賞のほか、振付でドラマ・デスク賞、アウター・クリティックス・サークル賞、振付とパフォーマンスの2部門でオビー賞、同じく2部門でフレッド・アステア賞を受賞、また「ダンス・マガジン」誌がその年最高の振付家に贈るコリオグラファー・オブ・ザ・イヤーを獲得。’97年NYOTs(ノット・ユア・オーディナリー・タッパーズ)を結成、国内外でツアー公演を行い、ABCテレビ「マンデイ・ナイト・フットボール」のオープニングを飾る。2000年伝説のタップ・ダンサー、ジミー・スライド、バスター・ブラウン、ディアンヌ・ウォーカーをフィーチャーしたコンサート「フット・ノーツ」で全国ツアー公演を行う。2001年新たなタップ・カンパニー、ティディーを結成。2003年「ノイズ&ファンク」の公演で初来日。2005年「クラシカル・セビアン」でカペジオ賞を獲得。2006年「クラシカル・セビアン」の公演で来日。他の出演に映画「ウォール」「バンブーズルド」など。

受賞
トニー賞(振付賞,第50回)〔1996年〕「ノイズ&ファンク」;ドラマ・デスク賞〔1996年〕「ノイズ&ファンク」;アウター・クリティックス・サークル賞〔1996年〕「ノイズ&ファンク」;オビー賞(2部門)〔1996年〕「ノイズ&ファンク」;フレッド・アステア賞(2部門)〔1996年〕「ノイズ&ファンク」;コリオグラファー・オブ・ザ・イヤー〔1996年〕「ノイズ&ファンク」;カペジオ賞〔2005年〕「クラシカル・セビアン」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android