コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フットボール フットボール football

翻訳|football

6件 の用語解説(フットボールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フットボール
フットボール
football

ボールを蹴る球技の総称,またその競技に用いられるボールをいう。アソシエーション式 (サッカー ) ,ラグビー式 (ラグビー ) ,アメリカ式 (アメリカンフットボール ) ,ガリア式 (ゲーリックフットボール ) ,オーストラリア式 (オーストラリアンフットボール ) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フットボール(football)

サッカーラグビーアメリカンフットボールなどの総称。特にサッカーをさす。また、その競技用のボール。蹴球。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フットボール

足でボールを操作するボール・ゲームの総称。サッカーアメリカン・フットボールラグビー等はその好例。民族スポーツに眼を転ずると,中国や日本の蹴鞠(けまり),マレーシアセパ・タクローなど多種多様フットボールが各民族の間に伝承されている。
→関連項目近代スポーツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フットボール【football】

二つのチームが一つのボールを蹴ったり手で持ち運んでゴールに入れる屋外スポーツの総称,また,そのボールのこと。現在はサッカーラグビーアメリカン・フットボール競技スポーツとして盛んに行われている。フランス語のfootball,ドイツ語Fussballはサッカーをさす。各項目を参照されたい。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フットボール【football】

サッカー・ラグビー・アメリカン-フットボールなどの総称。特に、サッカーのこと。蹴球。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フットボール
ふっとぼーる
football

サッカーやラグビー、それにアメリカンフットボールと同様に、スティックなど他の器具を使わず、ボールをゴールに持ち込む競技の総称。足だけでボールを操作するのがサッカーで、これがフットボールの原型だった。
 1823年にイギリスのラグビー校でサッカーの試合が行われたとき、同校のエリス少年が「足だけを使う」というルールを犯して、両手でボールを持ってゴール目がけて走りだした。これを見た関係者の一人が「おもしろい競技になりそうだ」と考え、足(蹴(け)る)中心から手に持って走ることを中心としたラグビーが誕生したわけである。
 アメリカンフットボールは、ラグビーにいっそう融通性をつけた。ラグビーでは禁止されている前へ投げる(前パス)ことが認められていることと、ダウンシステムで攻撃と守備とが明確に区別されていることである。
 サッカーとラグビー、アメリカンフットボールの違いはボールの形で、サッカーは丸いボールを使うのに対し、ラグビー、アメリカンフットボールは、楕円(だえん)形のボールを使用している。
 対戦人数は、サッカーが10人(ゴールキーパーを除く)、アメリカンフットボールが11人、ラグビーが15人となっている。なお、フットボールには、これらの競技に使われるボールという意味もある。[石井恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフットボールの言及

【アメリカン・フットボール】より

…楕円形のボールを相手陣にもち込むとか,キックで相手ゴールのバーを越すとかして,その得点を争う。アメリカでは単にフットボールといい,野球と並ぶ国技である。世界的な広がりには乏しく,アジアでは日本,韓国で行われている程度。…

【サッカー】より

…11人ずつの二つのチームが,手以外を使って,互いにボールを相手ゴールに入れ合うスポーツ。正式名称はアソシエーションフットボールassociation football。英語圏外の多くの国では,フットボールの名で一般的に呼ばれている。…

【ドロー】より

…その結果,ゲームのある時点でキャプテンが〈ドロー〉の戦術に転ずることを指示するようになったという。 このことは,まったく同じように,パブリック・スクールのフットボール・ゲームにも該当する。つまり,試合の決着をつけないで〈ドロー〉に終わらせることがキャプテンの手腕となったし,また,ルールの上でも決着のつけにくい仕掛けになっていた。…

【バレーボール】より

…97年現在,FIVB加盟国・地域数は213に及んでいる。 発祥国アメリカでは,アメリカン・フットボールやバスケットボールのような人気スポーツには一気に育たなかった。困難に挑み,戦い,克服するといった開拓者魂に象徴されるアメリカ人気質になじまなかったらしく,〈風船球ゲーム〉などと称されて,しだいに老人や女性,子どものレクリエーションスポーツの色合いを強めていった。…

※「フットボール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フットボールの関連キーワードアメリカンフットボールサッカーチームワークイニングジャンプボールぽおんキンボールプッシュオーバートライファストピッチソフトボールパイルアップ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フットボールの関連情報