コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セベリャーニン セベリャーニン Severyanin, Igor' Vasil'evich

2件 の用語解説(セベリャーニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セベリャーニン
セベリャーニン
Severyanin, Igor' Vasil'evich

[生]1887.5.16. ペテルブルグ
[没]1941.12.20. タリン
ロシア,ソ連の詩人。自我未来主義の代表的詩人として,言語的実験を試みた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セベリャーニン
せべりゃーにん
Игорь Северянин Igor' Severyanin
(1887―1941)

ロシアの詩人。本名イーゴリ・ワシーリエビチ・ロタリョフИгорь Васильевич Лотарёв/Igor' Vasil'evich Lotaryov。サンクト・ペテルブルグ生まれ。世紀末の唯美派詩人フォーファノフの後継者を自ら任じて文壇に登場、ブリューソフゴーリキーなどの高い評価を得たが、1910年代に入って自我未来派を結成、ロシア未来主義運動の一翼を担った。デカダン的気分に形式的実験を巧みに織り交ぜたモダンで洒脱(しゃだつ)な作風を特色とし、一般の読者にも幅広い人気があった。とくに『泡とどろく盃(さかずき)』(1913)は有名で、2年間に実に7版を重ねた。革命後は長く国外にあって望郷の詩を多く書きつづった。代表作には『パイン入りのシャンペン』(1915)、『巨人の悲劇』(1923)がある。[亀山郁夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セベリャーニンの関連キーワードペテルブルグペトログラードПетербургサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男ペテルブルグ・ソビエトペテルブルグ大学《ペテルブルグ夜話》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone