洒脱(読み)しゃだつ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐だつ【洒脱】

〘名〙 (形動) 俗気がぬけて、さっぱりしていること。あかぬけしていること。さっぱりしていて、嫌みのないこと。また、そのさま。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「快よく其渾(すべ)てを抛って翻然洒脱の境涯に入ってみたい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐だつ【×洒脱】

[名・形動]俗気がなく、さっぱりしていること。あかぬけしていること。また、そのさま。「洒脱な人柄」「軽妙洒脱
[派生]しゃだつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android