コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セメント原料 セメントげんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セメント原料
セメントげんりょう

セメントの成分。石灰分,シリカ (ケイ砂) ,アルミナ酸化鉄などである。石灰分は石灰石セメントロックなど石灰質原料で供給され,またシリカ,アルミナ,酸化鉄は粘土,頁岩粘板岩などの粘土質原料から供給される。シリカが不足する場合はさらに軟ケイ石で補い,また酸化鉄分を補うためには鉱滓,鉄鉱石を使う。このほかにセメントの凝結,硬化を調節する添加剤として石膏を用いる。日本ではこれらの原料資源が豊富で,セメントメーカーは各原料をほとんど自家供給している。普通セメント 1tを生産するには通常,石灰石 1.2t,粘土 0.2t,鉱滓 0.3t,ケイ石 0.6t,石膏 0.4tを使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セメント原料の関連キーワード酸化マグネシウムロングキルン日本磁力選鉱鉄鋼スラグ自生粉砕鈴鹿山脈細野秀雄峩朗鉱山高鈴山スラグ苦灰岩廃滓ぼた白崎粉砕

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セメント原料の関連情報