セメント原料(読み)セメントげんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セメントの成分。石灰分,シリカ (ケイ砂) ,アルミナ,酸化鉄などである。石灰分は石灰石セメントロックなど石灰質原料で供給され,またシリカ,アルミナ,酸化鉄は粘土,頁岩粘板岩などの粘土質原料から供給される。シリカが不足する場合はさらに軟ケイ石で補い,また酸化鉄分を補うためには鉱滓鉄鉱石を使う。このほかにセメントの凝結硬化を調節する添加剤として石膏を用いる。日本ではこれらの原料資源が豊富で,セメントメーカーは各原料をほとんど自家供給している。普通セメント 1tを生産するには通常,石灰石 1.2t,粘土 0.2t,鉱滓 0.3t,ケイ石 0.6t,石膏 0.4tを使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セメント原料の関連情報