コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラフィールド Sellafield

デジタル大辞泉の解説

セラフィールド(Sellafield)

英国のイングランド北西部のアイリッシュ海沿岸にある原子力複合施設。1940年代に核兵器プルトニウム生産施設としてウィンズケールの名称で建設され、その後、商用原子力発電所再処理工場などが併設された。再処理工場は1952年の操業開始以降、1970年代をピークとして、放射性物質を含む大量の廃液や気体を環境に放出し続けた。また、1957年にはINESのレベル5に相当する原子炉事故を起こしている。軍用施設は1970年代、商用原子力発電所は2003年に運転を停止。MOX燃料を生産する再処理工場が稼働を続けている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セラフィールドの関連キーワードコールダーホールカンブリア県放射能

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セラフィールドの関連情報