セラフィールド(英語表記)Sellafield

デジタル大辞泉の解説

セラフィールド(Sellafield)

英国のイングランド北西部のアイリッシュ海沿岸にある原子力複合施設。1940年代に核兵器プルトニウム生産施設としてウィンズケールの名称で建設され、その後、商用原子力発電所再処理工場などが併設された。再処理工場は1952年の操業開始以降、1970年代をピークとして、放射性物質を含む大量の廃液や気体を環境に放出し続けた。また、1957年にはINESのレベル5に相当する原子炉事故を起こしている。軍用施設は1970年代、商用原子力発電所は2003年に運転を停止。MOX燃料を生産する再処理工場が稼働を続けている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セラフィールドの関連情報