原子炉事故(読み)げんしろじこ

世界大百科事典 第2版の解説

げんしろじこ【原子炉事故】

原子炉施設において,誤操作,機器故障,外乱により,保有する放射性物質が制御されずに環境に放出されること。一般に原子炉施設は他の巨大産業施設と同様,多量の有害物質を内包するので,施設の大規模な損壊を仮定すれば大きな被害の発生する可能性がある。原子炉施設の場合,その被害の形態核兵器と同じ放射線被曝であるという点に特徴がある。原子炉施設はこのこともあって,一般に設備に故障が生じても公衆の健康に重大な影響を与えないように事前評価を行ってから設計されるので,一般産業でいうように人身財産損害を伴う事態のみを事故とすれば,そうした事態の発生頻度がきわめて小さいことも特徴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原子炉事故の関連情報