セルジューク朝美術(読み)セルジュークちょうびじゅつ(英語表記)Seljūk art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルジューク朝美術
セルジュークちょうびじゅつ
Seljūk art

セルジューク朝のイスラム美術。ペルシア美術 (→イラン美術 ) の伝統と中央アジアの要素が融合して発展した。建築では中世様式の発展期にあり,マドラサにチャハル・イーワーン (4イーワーン) 形式が確立。代表的遺構としてイスファハンのマスジデ・ジャーミ (大モスク) ,ザワレのマスジデ・ジャーミなどがあげられる。陶器ではレイやカーシャーンを中心に,ラスター彩陶器,ミナイ手,ラカビ手などの新しい技法による洗練されたデザインのペルシア陶器が生れ,また金属工芸では象眼技法の発達がみられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android