コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルビア社会党 セルビアしゃかいとうSocijalistička Partija Srbije:SPS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルビア社会党
セルビアしゃかいとう
Socijalistička Partija Srbije:SPS

セルビアの政党。ユーゴスラビア時代の 1990年共産主義者同盟が分裂したのに伴い,セルビアを中心とする保守派が党名を改称して設立。同年のセルビア共和国,モンテネグロ共和国の自由選挙で第一党となり,セルビア大統領選挙ではスロボダン・ミロシェビッチ党首が当選。セルビアとモンテネグロによるユーゴスラビア連邦 (新ユーゴスラビア) 成立後の 1992年5月の連邦議会選挙ではセルビアで 68%の票を獲得した。一方,12月のセルビア共和国大統領選挙ではミロシェビッチが再選されたが,同時に行なわれた議会選挙ではボイスラフ・シェシェリを党首とするセルビア急進党など民族主義政党の台頭で過半数に達しなかった。その後ミロシェビッチは権力強化をはかり,反政府勢力との対立を深めた。 1997年7月ミロシェビッチはユーゴスラビア連邦大統領に選出され,同年9月のセルビア議会選挙で社会党を含む与党左翼連合で第一党を占めた。しかし 2000年9月の連邦大統領選挙で,再選をねらうミロシェビッチ大統領とボイスラフ・コシュトニツァ候補を擁立する民主党,セルビア民主党ら 17党からなる野党連合 DOSが開票結果をめぐって対立,さらに大統領退陣を求める市民の抗議行動に発展し,ミロシェビッチ大統領は退陣を余儀なくされた。 2001年4月にミロシェビッチが職権濫用と不正蓄財の容疑で逮捕され,6月にハーグの旧ユーゴスラビア国際戦争犯罪法廷 ICTYに送検されると,社会党は大きく支持を減らした。 (→ユーゴスラビア史 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セルビア社会党の関連キーワード共産主義者同盟[ユーゴスラビア]ユーゴスラビア共産主義者同盟

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android