セレブリャコワ(読み)せれぶりゃこわ(英語表記)Галина Иосифовна СеребряковаGalina Iosifovna Serebryakova

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレブリャコワ
せれぶりゃこわ
Галина Иосифовна Серебрякова Galina Iosifovna Serebryakova
(1905―1980)

ロシアの女流小説家。職業革命家の家庭に生まれ、15歳で入党し、国内戦に参加する。その後モスクワ大学に学び、ジャーナリストとして中国、パリ、ジュネーブに滞在。『フランス革命期の女性たち』(1929)を書いたあと、マルクスの伝記の執筆に専念、『マルクスの青春』(1936)、『火を盗む者』(1961)、『生涯の絶頂』(1962)を集成した長編三部作『プロメテウス』(1936~62)を完成した。[水野忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android