コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロ・セチン Cerro Sechín

1件 の用語解説(セロ・セチンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セロ・セチン【Cerro Sechín】

ペルー北海岸カスマ谷にある,前800年前後,古代アンデス文明形成期の神殿遺跡。神殿は幅52mの基壇をもち,その前面には戦士や,首,腕,内臓など切断された人体の各部の石彫がはめこまれている。また神殿内部の土壁には魚や巨大な爪を強調したネコ科動物の多彩色壁画がみられる。海岸地方ではまれな石彫の存在やセチン様式と呼ばれる独特の表現様式が注目される。【加藤 泰建】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セロ・セチンの関連キーワードアルタエフェソスペルシア戦争ペルピニャンペルム紀雷電海岸ウロス島ペルージャ大聖堂ペルー・ドッグシクラス遺跡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone