コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センダイハギ(千代萩) センダイハギThermopsis lupinoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センダイハギ(千代萩)
センダイハギ
Thermopsis lupinoides

マメ科の多年草で,北アメリカやアジアなど北半球冷温帯に広く分布する。日本では本州中部以北,北海道などの海岸砂地に生える。草丈 40~90cm,直立し分枝は少い。葉は互生し3出複葉,基部に大型で葉状の托葉が1対ある。5~7月に茎頂に総状花序を出し,長さ 2cmあまりの濃黄色の蝶形花をつける。豆果 (莢) は平たい線形で長さ 8cmぐらいとなり,中に茶褐色種子を 12~15個含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

センダイハギ(千代萩)の関連キーワードマメ科

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android