コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジェームズ Saint James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジェームズ
Saint James

カナダ,マニトバ州の州都ウィニペグ市内の一地区。アシニボイン川北岸を占める。地名は 1853年におかれた教区名に由来。第2次世界大戦までは住宅都市であったが,近年軽工業が立地。 1972年ウィニペグに併合され,市域の一部となった。マニトバ工科大学や多くの国内,国際線が発着するウィニペグ国際空港,カナダ空軍の基地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントジェームズの関連キーワードリチャードソン(Henry Hobson Richardson、建築家)Saint James' SquareSaint James' Parkシドニー(オーストラリア)セント・ジェームズ・パリギネストラファルガー広場王立国際問題研究所観測されたビーナスウェストミンスターヨハン ブレークバッキンガム宮殿PallMallクリスティーズビデオ・アート2CELLOSル・ノートル国際軍事裁判真面目が大切ペル・メル

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android