コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジェームズ セントジェームズSaint James

1件 の用語解説(セントジェームズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジェームズ
Saint James

カナダ,マニトバ州の州都ウィニペグ市内の一地区。アシニボイン川の北岸を占める。地名は 1853年におかれた教区名に由来。第2次世界大戦までは住宅都市であったが,近年軽工業が立地。 1972年ウィニペグに併合され,市域の一部となった。マニトバ工科大学や多くの国内,国際線が発着するウィニペグ国際空港,カナダ空軍の基地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セントジェームズの関連情報