コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントラル警備保障 セントラルけいびほしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントラル警備保障
セントラルけいびほしょう

通称 CSP。ガードマン派遣を主力とする警備サービス会社。 1972年三井物産と住友商事が共同でセントラルシステム警備として設立。 79年に 66年創業の (旧) セントラル警備保障と合併し (新) セントラル警備保障となる。すでに 71年から警備員教育のための研修所を開設。その一方,機械警備にも積極的に取組んだ。 74年高層ビル第1号として新宿住友ビルの警備,78年大阪北港地区のコンビナート防災警備を開始。 79年アメリカに進出。 86年屋内電灯線利用による家庭用警備システムを発売。事業内容は,常駐警備 57%,機械警備 35%,機器工事5%,運輸2%。年間営業収入 216億 6100万円 (連結) ,資本金 29億 2400万円,従業員数 2581名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントラル警備保障の関連キーワード山内章広

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android