コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーバリの蒸気機関 セーバリのじょうききかんSavery's steam engine

1件 の用語解説(セーバリの蒸気機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーバリの蒸気機関
セーバリのじょうききかん
Savery's steam engine

イギリスの T.セーバリが 1698年に発明したもので,もっぱら炭坑内の水を汲出すポンプに用いられた。これは,ピストンを用いず,ボイラで発生した蒸気をポンプに送り,蒸気の圧力で直接水を押上げ,またポンプ内の蒸気を冷却凝縮させて水を吸上げるもので,熱効率はきわめて低かったが,構造が簡単なため,ニューコメンの蒸気機関が出現する (1712) まで実用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セーバリの蒸気機関の関連キーワードクライアー福山藩伊藤信徳宇野明霞木下順庵傾城浅間嶽佐々十竹続猿蓑多田南嶺田捨女

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone