コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューコメンの蒸気機関 ニューコメンのじょうききかんNewcomen's steam engine

1件 の用語解説(ニューコメンの蒸気機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューコメンの蒸気機関
ニューコメンのじょうききかん
Newcomen's steam engine

1712年にイギリスの T.ニューコメンにより発明され,実用化された最初の蒸気機関パパンの蒸気機関のようにシリンダを直接加熱冷却する方式ではなく,独立したボイラから蒸気をシリンダ内に送り,蒸気の冷却もシリンダ内で水を噴射して行うもので,1分間に 10回程度のピストンの往復運動を行うことができた。最初のものは,出力 4kW程度であったが,順次出力の大きいものがつくられ,ワットの蒸気機関が出現する (1769) まで炭坑の揚水用機関として大いに利用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニューコメンの蒸気機関の関連キーワード江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢サンクトペテルブルク広島市内の土砂災害警戒区域柿木金助クロムウェル嫗山姥竹内式部

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone