ニューコメン(読み)にゅーこめん(英語表記)Thomas Newcomen

日本大百科全書(ニッポニカ)「ニューコメン」の解説

ニューコメン
にゅーこめん
Thomas Newcomen
(1663―1729)

イギリスの技術者。蒸気揚水機関の発明者デボンシャーダートマス生まれ。鍛冶(かじ)屋および鉄商を営んでいたが、若いときから蒸気機関の製作に熱中した。同郷のセーベリーも同時期に蒸気機関をつくり、蒸気の凝結で密閉容器中に真空をつくった。一方、パパンは1690年の著書で、シリンダーの中でピストンの下に空気ポンプにより真空をつくる提案をした。ニューコメンはこの二つを結び付け、シリンダーの中のピストンの下に蒸気の凝結で真空をつくることを着想した。1705年から試作を開始し、友人でダートマス出身のガラス職人キャリーJohn Calley(1663―1717)の助けを得た。1712年スタッフォードシャーのダッドリー城に初めて実用化した機関を建造した。

 ニューコメン機関は大気圧だけで水を吸い上げ、蒸気は真空をつくるためにだけ用いるので大気圧機関ともいう。この機関は揚水用としてとくに鉱山に普及したが、ニューコメン自身は発明から利益を得ようとは考えなかった。彼の死後、1733年に特許は満期となり、ワット機関が出現するまでの60年間以上にわたって普及し、イギリスの石炭産業発達に大きな役割を演じた。ニューコメン機関を改良し、この形式で性能を極限まで高めたのはスミートンであった。

[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ニューコメン」の解説

ニューコメン
Newcomen, Thomas

[生]1663.2.28. デボン,ダートマス
[]1729.8.5. ロンドン
イギリスの技術者。 1705年 J.コーリーとともに高圧蒸気を使わない大気圧で動作する蒸気機関を発明。 12年,第1号機を完成。従来の T.セーベリの機関に比べて強力な実用性をそなえ,25年頃から鉱山の揚水用ポンプの動力源として,74年に J.ワットの蒸気機関が出現するまでよく使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ニューコメン」の解説

ニューコメン

英国発明家最初の実用的な蒸気機関の発明者。鍛冶(かじ)屋・金物商だったが,18世紀初めの大きな技術的課題であった鉱山の排水のための揚水機関の開発にとりくみ,1712年大気圧によってピストンが押し下げられる,いわゆる大気圧機関を完成させた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ニューコメン」の解説

ニューコメン
Thomas Newcomen

1663〜1729
イギリスの蒸気機関発明家
1698年蒸気ポンプにピストンを組み合わせて鉱山用の揚水機を実用化し,1705年気圧機関を発明した。石炭の消費量が莫大で熱効率が低いため,のちワットの蒸気機関に駆逐された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ニューコメン」の解説

ニューコメン

(Thomas Newcomen トマス━) イギリスの機械技師。一七一二年実用的な蒸気機関(大気圧機関)を建造し、産業革命期の技術革新の先駆をなした。(一六六三‐一七二九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ニューコメン」の解説

ニューコメン(Thomas Newcomen)

[1663~1729]英国の技術者。蒸気力揚水機を改良し、ワットが蒸気機関の特許を取るまでの約60年間、鉱業などの動力として活躍したニューコメン機関を発明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ニューコメン」の解説

ニューコメン【Thomas Newcomen】

1663‐1729
最初の実用的な蒸気機関(大気圧機関)の発明者。イギリス,デボンシャーのダートマスの生れ。父は商人で非国教徒。わずかな学校教育を受けた後,金物屋もしくは小さな鉄製品を作る小工場を営み,非国教会のバプティストの活動も行う。蒸気機関発明に至る経過については正確なことはほとんど知られていないが,同時代の人々の証言によれば,彼は助手のガラス工とも配管工ともいわれるジョン・コーリJohn Calley(Cawley)とともに,T.セーバリー水蒸気を用いた排水装置の特許が出された1698年前後に製作を開始していたようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニューコメンの言及

【蒸気機関】より

…この機関は直立のシリンダー中に水を入れ,外部から加熱と冷却とを繰り返すものであって,実際的には成功しなかったが,水の沸騰によって生ずる蒸気の力でピストンをもち上げ,次に蒸気を凝縮させピストンを引き下げるしくみのものであった。 以上のような経過をとってきた蒸気機関は,1712年ころ実用化されたT.ニューコメンのいわゆる大気圧機関の発明によって,現在の形式への第一歩をふみだした。この機関はシリンダーと蒸気を発生するボイラーとを分離したもので,図2に示す構造をとっている。…

※「ニューコメン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android